家の環境が悪いと家を出たくなる子が多くなる

出会いとはなんなのでしょうか。かつて寺山修司氏が「出会いのすすめ」なんて本を書かれていました。それが悪いとは言いませんが、出会いなどと頻繁に人たちが話しするようになれば、それが出会いとはしてはならないものだと言う注意事項であっても、そういう気持ちが奥底にあれば揺り起こされてしまうものです。今メディアに関わる大きな問題ですね。視聴率主義に乗っ取れば、収まる問題を更にことを大きくしてしまうといいましょうか。

だから、具体的に出会い構想のない子供たちも、潜在的な心を具体的にしてしまうのです。誰だって一個や二個、家族への不満など持っているものです。なぜなら家族とは子供をしばりつけて教育するものだからです。そして、出会いが具体的意識になって子供たちは、そういえはああいう理由もオレが出会いしたい理由だったなんて考えて、どんどん出会いしたい理由というものを明確化していく訳です。後のモーションは早かれ遅かれ、出会いに結果的いたらないとか個人差はあります。しかし、おおよそ、出会いとはこんな感じで内的要因が外的要因に煽られて具現化していくものですよ。

非常に家庭が幸せな子供たちが出会いなんて考えるはずありません。内的要因がどう外的要因に煽られるとしても、内的要因に出会いしたいウイルスなど存在していない訳ですから。やっぱり出会いとは家族の環境とは無関係ではありません。

しかし子供たちは一体何処まで決断して出会いを心みるのでしょうか。出会いと言っても種々様々なのです。それも家族環境によります。子供たちは出会いすることによって、親たちに改めるようメッセージを送っているのかもしれません。そういう子供たちは出会いしても、心の中では親に見つかりたい、発見されたいという意識が働いているのです。まだ親子の関係の修復可能なパターンです。まだまだ愛情が通い合っている感じではありませんか。

しかし、もう100%外へ向かう意識を持って出会いに構える子供たちもいるようです。